お役立ち

ズボンのウエストを広げるのは100均でOK!詰める時に縫わない方法も紹介!

ズボンのウエスト部分
Sponsored Links

ズボンのウエストを広げる方法について紹介していきます。

妊娠中や体重の増加に伴い、サイズがきつくなってきてしまったズボンのウエストを広げる方法があれば便利ですよね(^▽^)

実は、百均からズボンのウエストを切らずに広げるアイテムが販売されていて、「とても便利!」と話題になっているので、詳しくお伝えしていきますね。

また、逆に「ウエストを詰める」ときに縫わないで調節できる方法も合わせて紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね♩

\楽ちんベルトでズボンのウエストが思い通りに!/

ズボンのウエストを広げる方法

ズボンのウエストを広げる方法について紹介

体型の変化によって「ズボンのサイズが合わなくなってしまった…」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな時に役に立つのが、ウエストを広げることのできるアイテムです!

持っているズボンに使えるためコスパが良いですが、プラスして「ウエストを切らずに広げる」ことができるので気軽にチャレンジができるのも嬉しいポイントです(^_-)-☆

普段の服では気にならなくても、久しぶりに礼服を着たときなど「あれ…?閉まらない…」といった予期せぬトラブルもありえます。

そのような急な買い替えが困難な場合にも使用できるので、一つ持っておくと重宝するアイテムです♪

100均グッズ:セリア・楽らくゴムベルト

まずは、セリアで販売されている「楽らくゴムベルト」です。

https://twitter.com/inorina1215/status/1427974261700907013?s=20&t=-Zp9R2JTMw5fHH5IF0wK6A

こちらの商品は、ズボンのホックに近い左右のベルト穴に「ゴムベルト」を通すだけでウエストのサイズを調整できる商品です。

感覚としては、普通のズボンが「ウエストゴム仕様のズボン」に変わったといった感じでしょうか(^_^)/~

ホックの部分はそのままなので、見た目としてもゴムベルトを付けていることがわかりにくいのがすごくおすすめです!

また、お手洗いのたびに外すような手間もないため、子どもでもひとりで脱ぎ履きできる使いやすさが人気を集めています。




100均グッズ:ダイソー・お直しいらず


次は、ダイソーで販売されている「お直しいらず」です。

こちらの商品は、ズボンの留め具がホックになっているタイプのズボンやスカートに使うことができます。

もともとのホックに引っ掛けて使う商品なので、留め具がボタンのズボンでは使用できないので注意してくださいね。

実際に付けてみると、「お直しいらず」を付けたことによってホックが右にずれるようになり、1.5~3㎝程度ウエストのサイズを調節することができます。

縫い付ける必要がないので、急なピンチのときでも簡単に使えるのは嬉しいですね(^_^)v

フックタイプ

100均の商品を紹介しましたが、近くに100均gがない場合は、楽天やAmazonにも「ウエストを広げる」商品があるんですよ(*^-^*)

ズボンのウエストを調整できるフックタイプのアジャスターです。

使い方は、ズボンのフックに差し込むだけで、ウエストが最大約3cm広がります

ゴム素材で伸縮するので、ちょっとウエストがきつくなった時に便利な商品ですよ。

ボタンタイプ

こちらは、ウエストを調整できるボタンタイプのアジャスターです。

こちらも、ズボンのボタン穴に差し込むだけで、ウエストが最大約3cm広がります。

フックタイプ同様mゴム素材で伸縮するので、ちょっとウエストがきつくなった時に便利です。

モリト ウエスト楽々アジャスター 6596 ボタンタイプ【三共取り寄せ】

ズボンのウエストを縫わないで詰める(縮める)方法

ズボンのウエストを縫わないで詰める方法についても紹介します。

ズボンのウエストを詰めるのは「縫う」作業が必要だと思いがちですが、実は縫わずに簡単にウエストを詰める方法があります。

裁縫が得意ではない限り、ズボンのウエストを縮めるという作業はかなり難しく感じてしまいますよね…。

そこでいくつか、簡単にズボンのウエストを縫わずに詰める方法を紹介していきます♬

安全ピン

ここでは、「安全ピン」を使ったズボンのウエストを詰める方法を紹介します。

安全ピン一つでウエストのサイズを簡単に詰めることができるとは驚きですね( ゚Д゚)

痩せたことでサイズが変わってしまった時も使えますし、古着など1点物のお洋服は「気に入ったデザインなのにサイズが合わない…」なんてことも起こりますよね。

そんな時にも活用できる目から鱗のアイディアですね♪

安全ピンが万が一刺さると危険なので、小さいお子さんのズボンには使わない方が良いですが、誰でも簡単にできるのでおすすめです。

ズボンのウエストを縮める100均グッズ

ズボンのウエストを縮める100均の簡単グッズについて紹介します。

先ほど紹介したセリア「楽らくゴムベルト」ダイソー「お直しいらず」は、ウエストを広げるだけでなく「ウエストを縮める」場合にも使用することができます(^o^)

どちらも縫わずに使用できる簡単な商品のため、お店で見かけたら1つは購入しておくと、万が一の時にも役に立ちますね。

楽ちんベルト

100均以外にも「楽天」でも同じようなウエストのサイズを調節することができるアイテムを見つけたので紹介しますね(^^)

なんといってもカラーバリエーションが豊富かつ、大人から子供まで幅広く使うことができるデザインがポイントです!

おしゃれなデザインなので、お洋服からちらりと見えても「普通のベルトかな?」といった感じで周りの目が気になりません。

楽天市場のリアルタイムランキング1位を獲得したこともあるこちらのベルトは、お値段もとってもお買い得なのでコスパ抜群の商品です(^^♪

楽ちんベルト(子供用)

上記の商品も子供にも使用できますが、可愛い柄の楽ちんベルトは子供も喜んでくれますよ(*^-^*)

安心・安全の日本製で「ループに通すだけ簡単装着」ができます。

ゴムタイプなので伸縮性が抜群!トイレ時の着脱も付けたままOKなので、子供も安心ですよ。


どの商品を選ぶかは人それぞれですが、家族の誰かはいつか「ズボンのウエストが合わない」といったトラブルに見舞われる可能性は意外にも高いです(笑)

いざその時が来たときに焦らないように、事前に用意しておくのも良いですね。

まとめ

ここまで、ズボンのウエストを広げる(縮める)方法について紹介してきました。

針や糸を使わずに「ゴムベルト」だけでウエストのサイズを自在に調節できるアイテムがあるなんて、便利過ぎてビックリしましたね!

そして、ウエストのサイズを調整できるアイテムが100均で販売されていることも驚きでした(≧▽≦)

この記事を読んでくださる方は、ずっとサイズに悩んでいた方もいると思いますが、「久しぶりに履いたら着れなくなっていた…!」というハプニング的なことで困って検索された方多いのではないでしょうか(笑)

そんな方は、すぐに100均に行けば問題は解決します♪

また、着るまでに日にちがある方は、おしゃれなデザインのものを楽天で購入するのも良いですね。

応急措置として、「安全ピン」を使ったウエストを詰める方法もあるので、知識として頭に入れておくと緊急時に役に立つのではないでしょうか(^^ゞ

このように、難しく考えてしまいがちなズボンのウエストを広げる(縮める)方法ですが、意外にも簡単にできることがわかったのでぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links
Sponsored Links

© 2022 Happy Time Powered by AFFINGER5